弁理士(この資格を取得すると、登録するだけで行政書士にもなれます)とは、知的財産権についての出願手続代理を行ったり、知的財産権(条例や法令によって保護されていますが、守られないことも少なくありません)やそれに関わる色んな権利をめぐる紛争などにおいて、法定の手続を権利者の立場から行う知的財産権(著作権の他に、特許権や実用新案権などがあります)のプロの人。言うなれば、特許、実用新案、意匠、商標などといった知的財産権(知的所有権とも呼ねれています)のスペシャリストです。弁理士になるには、国家試験(運転免許試験や高等学校卒業程度認定試験なども、国家試験になります)にパスしなければなりません。知的財産権(知的所有権とも呼ねれています)とは、工業所有権(特許権、実用新案権、意匠権、商標権)および著作権などの総称で、知的財産権(著作権の他に、特許権や実用新案権などがあります)に関して弁理士(毎年7月1日は弁理士の日なんだとか)が行う仕事は、弁理士(毎年7月1日は弁理士の日なんだとか)法に規定されています。具体的な弁理士(日本の国家資格の他に、欧州特許弁理士などの国際資格もあります)の仕事は、主のものに三つあります。まず、弁理士(日本の国家資格の他に、欧州特許弁理士などの国際資格もあります)本来の業務。これは知的財産権(知的所有権とも呼ねれています)を権利化するので、特許庁に代理で出願手続きをしたり、それらの取り消し、または、無効とさせるための異議申立の手続きです。それに、紛争処理業務もおこなうでしょう。これは知的財産権(知的創作物や営業上の標識、技術的なノウハウなどが知的財産として守られるべきものです)を侵害する物品の輸入差止手続の代理業務や、知的財産権(著作権の他に、特許権や実用新案権などがあります)および特定不正競争に関する仲裁・和解の代理業務です。そして、知的財産権(知的所有権とも呼ねれています)、もしくは、技術上の秘密の売買契約といった取引に関連する業務。弁理士の就職(仕事についていない期間が長いほど、次の就職が困難になってしまいがちです)先は、特許事務所や一般企業の知的財産部門などです。弁理士(この資格を取得すると、登録するだけで行政書士にもなれます)の需要は東京と大阪(阪神が優勝すると道頓堀川にファンが飛び込むというのが定番ですね)を中心とした大都市部が大半で、地方では中々需要は無いでしょう。弁理士(毎年7月1日は弁理士の日なんだとか)の収入は一般的なサラリーマン(民間企業に雇われている役員以外の人を指すことが多いです)と比べたら高く、平均年収は600〜700万円です。事務所や企業(それぞれのカラーがあるものですよね。社長や社員をみるとある程度の雰囲気はわかるかもしれません)に勤めた後などに、自分で特許事務所を開業するのもいいですねー